・顧問税理士さんから良い税金対策をもらえない人必見。

・節税対策を実行しないと一生涯で数百万円〜数千万円の損!!

・顧問税理士さんがいても問題ありません。

 

 税金対策で節税.更新録  平成29年8月4日 ご連絡先 03-3556-8114

 

........


当会計事務所にて求人募集を行っています

 

B00 生命保険導入対策 ポイント

1.4つのポイント

相続税の税金対策として生命保険を活用のポイントは次の4つです。

@対策の分散(プランの多様化)
A安全性・流動性の確保
B保険契約の分散
C管理とアフターフォロー


2.対策の分散(プランの多様化)

対策
内容
納税資金の確保 大前提
大前提 生命保険 非課税枠の活用 500万円×法定相続人の数
法人死亡退職金 非課税枠活用 500万円×法定相続人の数
法人死亡弔慰金 非課税枠活用 業務上 月給×36ヶ月
業務外 月給×6ヶ月
相続税法24条 年金受給権評価引下げ 一時払い個人年金保険
一時払い終身保険(年金受取に出来るもの)
相続税法26条 解約返戻金での評価 生命保険契約に関する権利評価引下げ 解約返戻金での評価
贈与税の控除及び一時所得活用 父から保険料贈与で相続発生時一時所得
相続時精算課税活用(贈与をする) 一時払い個人年金保険
一時払い終身保険(年金受取に出来るもの)
代償分割資金として活用 自社株全部を長男取得。他に財産が無い
長男受取保険加入その保険金他相続人へ支払
自社株評価引下げ(純資産価額引下げ) 年金保険を活用し、定期金評価

 

3.安全性・流動性の確保

対策予定変更時の解約返戻金等の確保
税法改正があって解約をしても何も残らないケースは良くない

4.保険契約の分散

保険会社の財務安全性重視 将来も安全とは限らない。
ゆえに安全性の高い所に分散加入

5.管理とアフターフォロー

3年〜10年後を想定した対策
管理と税制改正等に対応したアフターフォローが必要

 

 

 

 

■ いいね!ボタン ポチッと & Twitter

皆様により良い情報を発信していきたいと思います。
いいな〜と感じたら、ポチッと「いいね!ボタン」をクリック&ツイート。

........

会社設立代行方法法人設立手続き 株式会社設立方法手続き代行 相続税申告遺産相続手続き 会社設立代行節税税理士  合同会社設立登記方法手続き