・顧問税理士さんから良い税金対策をもらえない人必見。

・節税対策を実行しないと一生涯で数百万円〜数千万円の損!!

・顧問税理士さんがいても問題ありません。

 

 税金対策で節税.更新録  平成29年8月4日 ご連絡先 03-3556-8114

 

........


当会計事務所にて求人募集を行っています

 

E10 30万円未満の少額資産の購入

パソコン・応接セット等の備品を購入の際に注意していただきたいのですが、なんとかできるようでしたら、購入代金は30万円未満で押さえましょう。

なぜ、30万円未満かと言うと一度で経費に入れることが出来るからです。

本来10万円以上の備品を購入した場合、いったん資産に計上し減価償却で経費化をしていかないといけないのですが、事務の簡便化等を考慮し設けられたものです。

仮にパソコンであれば、耐用年数4年ですので4年間にわたって経費に入れないといけないのが、購入した年に全額経費に入れることが出来るので節税効果は大きいです。

 

注意点

1.30万円未満の金額判定は、セットで考えます。

例えば、応接セットであればテーブル・イスが1つのセットです。

すなわち、バラバラに分解をするとその物の本来の機能が失われる場合、セットとして考え30万円未満かどうかの金額判定を行います。

 

2.消費税の経理処理に応じる30万円未満の判定

@消費税の経理処理が税抜きであれば、消費税抜きの金額で30万円未満かどうか

A消費税の経理処理が税込であれば、消費税込の金額で30万円未満かどうか

 

3.青色申告者でないと適用できません。

 

メリット

一度に経費に入れることができ、利益を圧縮し税金が安くなります。

 

デメリット

通常はデメリットと言えるほどのものはありません。

1.白色申告者には使えません。

2.年間購入金額300万円という限度額があります。

3.償却資産税の申告対象となり、免税点(150万円)を超える場合、償却資産税がかかります。

 

 

 

 

 

 

■ いいね!ボタン ポチッと & Twitter

皆様により良い情報を発信していきたいと思います。
いいな〜と感じたら、ポチッと「いいね!ボタン」をクリック&ツイート。

........

会社設立代行方法法人設立手続き 株式会社設立方法手続き代行 相続税申告遺産相続手続き 会社設立代行節税税理士  合同会社設立登記方法手続き